June 06, 2007

鯛のかぶと煮を作った後、お菓子の講習会へ行ってきました。

和泉シェフ今日の講師は調布にある「サロン・ド・テ・スリジェ」の和泉シェフ。
和泉シェフは日本代表として数々のお菓子の世界大会に出場されている、日本のトップパティシエ☆

そんな和泉シェフに教えて頂いたのは、お店にも出ている「サンセールマン」と「ケーク ルージュ」の2品。


やはり世界と戦っているシェフはスゴイ!! と圧倒されながらのレッスン。
世界大会での秘蔵話しやお菓子を作る工程の話し、などなど普段聞くことの出来ない深〜いお話を沢山聞くことが出来て、とっても刺激になりました。
そして、お菓子は科学だなぁ〜と再認識!!

色々なお話を聞く中で、今お菓子の世界がとっても進歩していて、その中で何が大切かと言うお話は、私の心の中でずーっとモヤモヤしていたモノが、晴れた様な気がしました。

今日この講習会に出席して良かった☆
そして、コルドン行って良かった・・・とも再確認。

数あるお菓子教室中で、海のモノとも山のモノとも分からない私を選び、そして私を信じてレッスンに通ってくれている生徒さんに感謝します。

とっても充実☆素敵な時間でした♪ 
今日も幸せありがとう。 


鯛のかぶと煮そ〜んな素敵な気分で帰宅。
朝作って味をしみ込ませておいた、鯛のかぶと煮を仕上げ夕食となったのです。



MadoCachez_madoka at 22:20│習い事 │

この記事へのコメント

1. Posted by ree   June 07, 2007 00:04
madokaちゃん
東京って良いですね!
いろんな一流の先生にすぐ習えて☆
私も お稽古事が好きなので、何か習いたいけど、中々 気に入った先生や、お稽古が、福岡では見つからないの・・!
東京にもっと通いたいわ!
かぶと煮美味しそう〜♪  食べたい
2. Posted by Madoka   June 08, 2007 16:14
ree様
こんにちは お元気ですか?
ゼヒ もっと通っちゃいましょう☆
デート出来るので(笑)
でもreeさんはとっても素敵な先生だと思います。
私はreeさんの感性豊かな所、とっても尊敬しています♪