October 2007

October 28, 2007

朝市に寄ってから、食の都リヨンから華の都パリへ☆
朝市朝市






食の都の朝市だけあって、並んでいる物はリヨン郊外の畑で取れた野菜類、ソーヌ川東岸のブレス鶏、チーズ専門店、秋の味覚キノコの専門店。キノコは買って帰りたくなるほど、日本でなかなかお目に掛かれない物が沢山売っていました☆
リヨンベルクール広場には、リヨン生まれの「星の王子様」の著者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの銅像。
フルヴィエールの丘に登るとノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂があります。1872年から1896年の間に建てられたロマネスク様式の教会で、外観の美しさと共に内部の装飾の豪華絢爛。聖堂の中にある、天文時計は今も時を刻んでいます。ここの丘から、中世と近代の入り混じった素晴らしいリヨンの街が一望出来ます。
教会や聖堂に訪れた時の、私の決め事があります。
それは、教会中で売っているロウソクを買って火をつける事!特に私はクリスチャンではないのですが、このお金が教会の修復や運営の資金になると聞いてから私の決め事になっています。教会の中のロウソクって、とても神秘的☆

たった2日間の滞在でしたが、前回とは違ったリヨンを見る事が出来てとっても良かったなぁ〜 念願のココアパウダーも買えた事だし☆
今度はいつ戻ってこれるのかな????

そんな思いを胸に、TGVに乗って華の都パリへ。


October 27, 2007

リヨンでのディナーは、今年2つ星を獲得した『le bec (ル ベック)』へ。
Nicolas le becメニューは・・・
Apéritif au Champagne,Bonbons apéritifs(シャンパーニュのアペリティフとアミューズ)
Les Cocos de Paimpol Mixés en Velouté,Morue Fraîche en Brandade,Langues d'Oursins Fouettées(新鮮なタラのブランダード ウニのクリーム パンポル産ココナッツのスープと共に)
Les Asperges Blanches,Anguille Fumée et Foie Gras Terrine,Bouillon de Sauge Aillé(白いアスパラガス、ウナギフュメとフォアグラテリーヌ ニンニク風味のセージスープ)
La Dorade Royale de Méditerranée Cuite au Sel,Jus de Bouillabaisse de Homard(地中海のタラの塩焼き オマール海老のブイヤベースソース)
Le Quasi d'Agneau du Limousin Rôti,Epaule Confite aux Epices Jus de Poivrons Rouges Grillés(リムーザン産仔羊ロティ 肩肉のスパイスコンフィ 赤ピーマンのグリルソース)
Le Quasi d'Agneau du Limousin Rôti,Epaule Confite aux Epices Jus de Poivrons Rouges Grillés
Kaki aux Pamplemousses et Tarte Caramel(柿とグレープフルーツのコンポート キャラメルのタルト)
と盛り沢山のコースを頂きました。

さすがモダンフレンチの新星だけあって、広い店内のテーブルは満席☆(ウエイティングが出るほど!!)

帰り際にサインの入ったメニューリストを頂き、シェフ ニコラ ル ベック氏ともお逢い出来て思い出に残る夜となりました♪



October 26, 2007

ショコラの旅は食の都・リヨンからスタート。
Bernachon老舗ショコラティエを代表する『Bernachon<ベルナション>』へ。

ベルナシオンの特徴は、カカオ豆の状態から作り、また製品のほとんどが手作業で作られています。ショコラの素材となるクーベルチュールもモチロン自家製で、世界中から評価されています。

しかも! リヨン市内でも支店を出さなず、本店のみの家族経営を続ける伝統を、守り続けているとの事。品質保持のために輸出も殆どしないと言うこだわり。

サロン ド テでショコラショーを頂いた後、3代目のシェフ フィリップ・ベルナシオン氏にアトリエを案内して頂きました♪
Bernachon 2Bernachon 3











厨房には総勢50名のスタッフが働いていました、忙しいのにも関わらず、スタッフの方からカカオ豆からチョコレートが出来るまでの製造過程を丁寧に教えて頂きました♪
10〜12種類のカカオ豆をブレンドしているそう!!
大きな機械、大きな銅鍋(欲しくなってしまった 笑)そして沢山のチョコレートに、甘い香り♪

6年前、始めて訪れた時には品切れでナクナク諦めたココアパウダーを、今回念願叶って購入が出来きて大満足☆ 
このココアパウダー、来年の基礎クラスのレッスン「ショコラのタルト」に使用したいと思っています。ちょっと違う伝統の味をお楽しみにしていて下さい♪

伝統を守り続ける事ってとても大変な事!それを貫いている揺ぎ無い気持ちに心打たれた私は、「私も周りに流されず、自分を信じて前に進んで行こう!!」と思うのでした☆

October 25, 2007

撮影風景本日雑誌の撮影が無事終了!

「30代の仕事を持っている女性が、2008年のバレンタインは買うのでなく手作りチョコを贈りましょう!」と言うのが今回のテーマ☆
それを「お抹茶と合わせて下さい」とのリクエストもされたので、ホワイトチョコでの提案をさせて頂きました!

とっても久し振りの撮影にワクワクしましたが、今回は自分の作品なので緊張もありました。
どんな出来上がりになっているのか、今から楽しみ♪

October 22, 2007

今日の夕食は、韓国料理の「サムパ定食」と言うお食事。

サンパ定食サムパ定食というのは、いろいろな葉野菜で味噌とご飯を包んで食べる料理。
サンチュや茹でたキャベツに味噌を塗り、エゴマの葉、春菊、キュウリ、唐辛子、などお好みで乗せ、ご飯も一緒に巻いて頂くの。
Parisではなかなかお野菜がたっぷり食べられなかったので、どうしてもこの定食が食べたかった!
たっぷりお野菜も頂けて満足定食なのです♪

その後「Kisala」のバーへ。
Kisalaバーテン鈴木さんに「新作はありますか?」と尋ねた所・・・
「飲む・・・ スイートポテトみたいな・・・」と言う返事。
どうやら、前回の飲むアップルパイに続いて美味しい匂いがしたので早速注文!美食の王様Kさんも絶賛されたとか☆

新作「飲む・・・ スイートポテトみたいな・・・・」も、とっても美味しい♪
これも、寒い冬に飲みたくなるぅぅぅ。

このレシピも知りたいけど、聞いてしまうとやっぱり商売上がったりかしら???

空成田からParisに向う飛行機の中から、とっても綺麗な空!

飛行機の中では、映画を3本と本を何冊か読んで約13時間のフライトを過ごしていました。

途中アイスのサービス☆ 
しかもフォションって素敵♪




CDGParisの空港CDG
13時間乗り、最初の地リヨン行きの飛行機を待っています。

とっても素敵な空港☆

乗り入れ便数は成田の5倍、広さは3〜4倍と聞きました。
とっても広いので、迷わない様に注意しないと!!



October 21, 2007

フランスから帰国しました!

Stohrerパリでは、ラグビーのワールドカップ、かなり大規模な交通機関のストライキ・・・・ ハプニングの多い旅行でしたが、とっても充実した日々を過ごしてきました。

リヨンでの事、サロンドショコラの模様、パリでの出来事など、少しずつ日記に書いていこうと思っています☆


写真はパリの老舗パティスリー「Stohrer(ストレー)」
ババ・オ・ラムを最初に作ったお店で、もちろんスペシャリテは『Baba au Rhum(ババ・オ・ラム)』と、『Puits d'Amour(ピュィ・ダムール)』。私はここのピュィ・ダムールが大好きで、今回もしっかり頂いてきました♪ 

October 14, 2007

カバン旅のお供は色々とありますが、大切な物の1つ『GLOBE TROTTER』のスーツケース☆

赤い子は10年戦士でございます。
壊れず今日までいてくれる、とってもとってもいい子達です♪

MadoCachez_madoka at 14:00 |

October 13, 2007

Classe de Base (基礎クラス)の今月のレッスンが終了しました。
今月もいらして下った皆さん、初めていらして下さった皆さん、ありがとうございました。今月も、とっても楽しい時間を過ごす事が出来ました

「無花果のタルト」「巨峰のグラニテ」はいかがでしたか?
レッスンでもお伝えしましたが、グラニテは無花果、洋梨、桃、枇杷、抹茶・・・と色々アレンジも出来ますし、そのグラニテにシャンパンをかけて頂くのもとっても美味しいと思いますので、ゼヒこのレシピを基に色々とチャレンジしてみて下さい!

来月は「タルトレット・ペイザンヌ・オ・ノルマンド」と「グラスヴァニーユ」です。リンゴのタルトにヴァニラにアイスを添えて召し上がって頂きます
来月もお逢い出来る事、楽しみにしています
さてっ!月曜日に出発するパリ旅行の準備をしなくっちゃ!!

October 08, 2007

今日から10月のレッスンのスタート!
何だか天気もよろしくないですね・・・

さて、今月の紅茶の紹介です
今回は、ロンドン・ノッティングヒルの紅茶専門店「Tea Palace」の “ インペリアルセイロン ” 。 他の種類(アッサム、ダージリン)とも悩んだのですが、この紅茶がフレッシュな無花果のタルトとの甘みと合ったので、召し上がっていただく事にしました! 渋みも少なく、優しい感じの紅茶ですので、楽しみになさって下さ〜い。
紫色のとってもシック紅茶缶が目印!
紅茶の種類は150種類以上もあるそうで、ブラックティー、ブレンドティー、ティートニック、フレーバードティー、ハーバルインフージョン、フルーツインフージョン、緑茶、ウーロン茶等と、まさに創立者のお茶に対する情熱が伝わってくる紅茶専門店です。日本では新宿伊勢丹のみの取り扱いだそうです。

ますます、寒くなってきてきますね!
体調など崩しませんように☆ 皆さんにお会い出来る事楽しみにしています。